今週の勝負レースの狙い

メニュー↓


「やっぱり競馬は最高だ!」皆様にそう感じて頂けるように、今週も【大阪杯】など勝負レースで夢馬券をお届けします。
【大阪杯】⇒遂にG1へ昇格!歴史を作るのは誰だ!?

遂に今年【大阪杯】がG1へ昇格する!
例年、この時期に適距離がなかった一線級の中距離馬は、距離には目をつぶって【天皇賞春】に出走したり、海外遠征を敢行したりと難しい選択を迫られていたが、もうそういった心配もいらない。

「この舞台を待っていた!」と言わんばかりに、出走予定馬はやる気満々!どれも抜群の仕上がりだ。文字通り、中距離最強を決めるガチンコ勝負!第1回を勝って歴史を作るのは誰か?
まずは主な出走予定馬からチェックしていこう。

4月2日(日)
━━━━━━━━━━
▼阪神11R
 大阪杯(G1)
 15時35分発走
━━━━━━━━━━
※主な出走予定馬
『キタサンブラック(栗東・清水厩舎)』
⇒人気、実力共に兼ね備える馬であることは、改めて語るまでもないが、問題は昨年【有馬記念】以来の実戦になる点。元々鉄砲駆けする方ではあるが、注意が必要だろう。

『サトノクラウン(美浦・堀厩舎)』
⇒昨年暮れ【香港ヴァーズ】を勝った勢いで今年初戦の前走【京都記念】も快勝!勢いならこの馬だろう。

『マカヒキ(栗東・友道厩舎)』
⇒前走【京都記念】こそ3着に敗れたが、海外遠征後の帰国初戦としては悪くない。ダービー馬の完全復活が見られるか?

『アンビシャス(栗東・音無厩舎)』
昨年の優勝馬。G2からG1への昇格により相手のレベルは大幅に上がるが、それは適性の高さでカバーしたい。

━━━━━━━━━━
▼考え方は天秋と同じ
━━━━━━━━━━
G2からG1へ昇格しただけに、過去のデータ云々は考慮すべきではないというのが私達の考え方。むしろ、同じ2000Mで行われる【天皇賞秋】にこそヒントがあるとみた!

阪神の2000Mは直線こそ短いが、坂の傾斜はきつく、また芝が重いということもあり、総合的なタフさではむしろ東京2000M以上ではないだろうか。

だからこそ、そんじょそこらの馬が制することはできない。
答えはひとつ。現時点で、私たちキングスポーツが「この馬こそ日本の最強馬」だと確信する「☆あの馬」にすべてを託すこと。これに尽きる。

もちろん「最強」というのは「人気や実績がある」という意味ではない。大事なのは、あくまでも「今」!
実績こそ劣るものの、ここにきての充実は文句なし!今年の開幕以来、快進撃を続けるキングスポーツの目を奪って離さなかった「☆あの馬」の激走をどうぞご期待頂き、共に「第1回的中」の名誉を掴もうじゃありませんか!

---------------------
先週の成績詳細は、
成績速報をご覧下さい。


競馬予想はキングスポーツ⇒1日2鞍の【勝負レース】で勝つ!創業37年の信頼。競馬は結果が全て!
1)先週の成績とNEWS
外れ馬券裁判の「真実」
└今週の勝負レースの狙い
2)先週より以前の1年間の成績
3)はじめての方へ
4)料金について
5)銀行振り込みはココ
6)カード申し込みはココ
7)本紙予想を見る!!
8)なぜ他の予想が?
9)カリスマ馬券師とは
10)キングスポーツのブログ
ページトップ↑

★競馬は結果が全て★
1981創業からの厚き信頼。キングスポーツ本紙予想は、1鞍2鞍の【勝負レース】で勝っています。
(C)KING’s SPORTS