今週の勝負レースの狙い

メニュー↓


「やっぱり競馬は最高だ!」皆様にそう感じて頂けるように、今週も【宝塚記念】など勝負レースで夢馬券をお届けします。
【宝塚記念】⇒安田記念に続いて。「G1・2連勝」を宣言!

さあ、いよいよ上半期のJRA競馬も最終週。
例年同様、春のグランプリ、G1【宝塚記念】が行われる!

このレースへ向けて、会員の皆様から「期待しているよ!」という旨の電話やメールが届いているが、その数は例年の倍以上だ!
それも当然だろう。 6月5日のG1【安田記念】を馬連≪3,230円≫の高配当で射止めるなど「G1での強さ」を発揮している事に加え「予想改革」により、先週までの6月競馬で回収率「272%」の大幅プラス収支を達成しているからだ。
よく「期待が大きいとプレッシャーが・・・」というようなアスリートがいるが、私は逆。期待が大きければ大きいほど、精神的に研ぎ澄まされるタイプの人間だ。
だから、レース当日まで、もっともっと皆様のお声を届けてほしい。その事が、更に私達を的中へと近づけることになると確信している!

さて、ここで主な出走予定馬をチェックしよう。

6月26日(日)
━━━━━━━━━━
▼阪神11R
 宝塚記念(G1)
 15時40分発走
━━━━━━━━━━
※主な出走予定馬
『ドゥラメンテ(美浦・堀厩舎)』
⇒ご存知、昨年の2冠馬。前走【ドバイシーマクラシック】でも2着に入るなど、能力はワールドクラス!問題は久々がどうなのか!?

『キタサンブラック(栗東・清水厩舎)』
⇒能力の高さは誰もが認めるところだが、G1・2勝はいずれも3000M以上。中距離でもG1を勝てるほど力は抜けているか!?

『ラブリーデイ(栗東・池江寿厩舎)』
⇒昨年の優勝馬。勢いに乗って【天皇賞秋】も制したように、2000M~2200Mに対する適性は現役屈指。ドゥラメンテと同様の海外帰り(香港帰り)の点だけが気になる。

上記の面々が人気を集めることにはなるだろう。
だが、彼らに加えて、G1勝ちこそないが、4月の【大阪杯】ではキタサンブラックらを退けて優勝した『アンビシャス(栗東・音無厩舎)』や【天皇賞秋】でラブリーデイに続く2着の『ステファノス(栗東・藤原厩舎)』といった面々も侮れない。

━━━━━━━━━━
▼安田記念と同様に!
 勝つ馬!消える馬!
 ☆超穴馬を断言だ!
━━━━━━━━━━
では、どのように予想すべきか?
阪神の芝内回りのような窮屈な舞台においては、マークが厳しくなると、それを掻い潜るのは容易ではない。また、人気馬同士、互いを意識する余り仕掛けも遅くなる。
それ故、早めに抜け出した伏兵の、粘り込みの可能性が大きくなる!という訳だ。

上に挙げた有力馬は確かに強い。優勝馬はあの中から出る可能性が高いが、有力馬同士で上位を独占する可能性はない!この点を断言させて頂こう。
そこで私達が「大波乱の主役になるなら!」と考えているのが「あの☆穴馬」だ!
気楽に走れる立場にいるものの、ここにきての能力強化は、有力各馬をはるかに上回る!
仕上げも上手くいったようで、一週前の追い切りでも素晴らしい動きを見せていた。

【安田記念】では、モーリス、リアルスティール、サトノアラジンの有力馬の中から「リアルスティールが消える人気馬」だと断言!更に超穴馬として優勝した☆ロゴタイプを指名して、馬連3,230円×2千円=6万4,600円を獲得したが、その時と同様に、今回の【宝塚記念】でも「勝ち馬」「消える人気馬」「大波乱の主役となる☆超穴馬」を全て予告した上で、高配当を掴んでみせる!どうぞお楽しみに。
---------------------
先週の成績詳細は、
成績速報をご覧下さい。



競馬予想はキングスポーツ⇒1日2鞍の【勝負レース】で勝つ!創業36年の信頼。競馬は結果が全て!
1)先週の成績とNEWS
外れ馬券裁判の「真実」
└今週の勝負レースの狙い
2)先週より以前の1年間の成績
3)はじめての方へ
4)料金について
5)銀行振り込みはココ
6)カード申し込みはココ
7)本紙予想を見る!!
8)なぜ他の予想が?
9)カリスマ馬券師とは
10)キングスポーツのブログ
ページトップ↑

★競馬は結果が全て★
1981創業からの厚き信頼。キングスポーツ本紙予想は、1鞍2鞍の【勝負レース】で勝っています。
(C)KING’s SPORTS