★夏バテか!?ドバイ女王・ヴィブロスがデブ化?

251

頃、食べまくりでお腹がポッコリ!デブになりつつあるキングスポーツ編集部の長谷川です(^^)暑かろうが、寒かろうがとにかく食べまくる事が大好き♫ラーメンや唐揚げ、餃子と炭水化物を超大盛で食べている訳ですが、気がついたら58キロに^^;!

「それはデブとは言わないだろうが?」この数字だけ見たらそう思えるかもしれません。ですが、私は5年前までは43キロでした(笑)それが15キロも増加してしまったんです・・・。30代以降になると代謝が悪くなる事を痛感しています。う~ん!マラソンで消費しているつもりなのですが・・・。やっぱし食生活ですよね?中田先輩のように、毎日トマトジュースを飲んでみよっかな♫

ドバイ女王までもが「超絶デブ化」!?

昨年の【秋華賞】を勝ち、今年は【ドバイターフ】を制した元メジャーリーガーの大魔神・佐々木主浩氏の所有馬としても知られているヴィブロス

現在は北海道のノーザンファーム早来で放牧に出ていますが、秋は【府中牝馬S】から始動し、【エリザベス女王杯】へ向かう、国際女王としては”堅実路線”が予定されています。

そんな彼女ですが、秋華賞を勝った時には414キロだったのが、480キロを超えており、既に66キロも馬体重が増加しているのです。

前走のドバイターフ時の馬体重はわかりませんが、その前哨戦の【中山記念】では424キロでした。ただ、レースで敗れたにも当然、先を見据えた仕上げ(+10キロ)だったからこそ。いくら放牧先で羽を伸ばしているとはいえ、現状すでに余裕残しだった中山記念から+56キロと、一部のファンからは『激太り……』、『超絶怒涛のデブ化』と心配されているようです^^;

それでも牧場関係者の話では「ふた周りほど成長した」と急激な本格化に目を丸くしているそうで、仮に約60kgの大半が成長分だというのなら、秋のヴィブロスは相当楽しみな存在になりそうです。

いずれにせよ、世界も注目する「ドバイの女王」が、どのような姿で秋初戦を迎えるのか今から楽しみです。

ちなみに私、長谷川の父も30代から急激に太り始めた後から、マラソンを始めてフルを完走したんでのです。そう考えれば、きっと大丈夫ですよ(無理矢理感アリアリでした?笑)

その他の長谷川記事はコチラです:
→常識を覆すマル秘データです。

 

創業37年を誇る競馬予想は他では絶対に真似できない実績があります!
詳しくはコチラをクリックして下さい。夢一杯の予想が詰まっているのですから。

⇒お申込みはコチラ