【2017 小倉記念】における勝負の明暗

70
小倉記念

レパードS回顧⇒海外帰りは難しい。しかし・・・。

まずは単勝1倍台のエピカリスから。無念の3着に終わりました。
「能力だけなら断然と言ってもおかしくない。だが、今回は海外遠征帰りの初戦だ。長年、競馬予想に携わる中でいかに海外遠征帰りが難しいかという事を何度も経験してきた」と、私たちが解説文で記した通りの結果でしたね。確かにスムーズさを欠く場面もありましたが、それがなくても勝利までには至らなかったでしょう。

但し、海外帰りの馬は絶対にダメだという訳ではありません。
中には豊富な経験を活かし、いきなり動ける態勢を作る厩舎も存在します。その筆頭ともいえるのは栗東・角居厩舎でしょう。

例えばヴィクトワールピサ。3歳時に【凱旋門賞】に挑戦した後、帰国初戦で【ジャパンC】に出走しましたが、8番人気の低評価を覆して3着に!その他ポップロックなどでも帰国初戦で結果を出しています。

海外帰りという場面は、しばしば訪れるというものではありませんが、角居厩舎の馬なら注意が必要ですね。

予告の穴馬☆テンザワールド(7着)に関しては、鞍上・岩田騎手が「もう少し積極的な競馬がしたかった」と語った通り。テン乗りの影響でしょうか、鞍上が馬の能力を信じ切れていないように見えました。これでは積極的にいけなかったでしょう。
古馬1000万で快勝しているように、素質は確かです。3戦連続で好走を続けていた和田騎手とのコンビに戻るなら、もう一度狙いたいですね。

小倉記念回顧⇒痛恨の気ムラ

不動の軸馬に指名した☆スピリッツミノルが9着に敗れるという非常に悔しい結果でした。2走前【鳴尾記念】で好走した時とほぼ同じ、494キロでの出走ということもあり、馬体も非常に締まって見えました。調教での動きも非常に良かったですね。

ただ、唯一の弱点ともいうべき、時折見せる「気ムラ」がここで出てしまいました。レース前半からムチが入るなどということは、普通はありません。主戦・幸騎手は、何とか気合を入れようと頑張ったと思うのですが・・・。

それでも前を向くとすれば、過去の実績を見る限り、気ムラが続くことはありません。G3程度なら好走できる力を持っている事は確かですし、次は狙う価値があると考えています。