超良血タニノフランケル!次走はココ!

1221
タニノフランケル 未勝利戦は持ったまま単勝1.1倍の人気に応えて快勝!

天気はどんよりムードでも常にテンションが高いキングスポーツの長谷川です(笑)それでは早速、本日の競馬とくダネニュースをお伝えしましょう♫

 

名牝ウオッカの4番目の仔で父がフランケルという良血馬・タニノフランケルが先月の12日に新潟5Rでデビューしました。

 

競馬に携わる者なら知らない人はいないと言っても過言ではないほどの名牝・ウオッカを母に持ち、父は14戦無敗でG1・10勝を挙げたイギリスの怪物・フランケルという超がつく良血です。今年の2歳戦を盛り上げる最大の注目株と言えるでしょう(^^)

 

デビュー戦こそ、馬体に緩さがあり2着に敗れましたが、2戦目の未勝利戦では楽逃げから直線でも全く手綱を動かさず持ったままの内容で見事に未勝利を脱出!単勝1.1倍という圧倒的な支持に応え、勝利を挙げました。

 

次走はあのソウルスターリングが勝ったアイビーS!

18日の阪神競馬で単勝1・1倍の支持に応え、デビュー2戦目にして初勝利を挙げた名牝ウオッカの4番子タニノフランケル(牡2歳、栗東・角居)の次走が、アイビーS(10月21日・東京、芝1800メートル)に決まった。

父は“怪物”と言われた14戦無敗のフランケルで、父母合わせて“17冠”の超良血馬に、辻野助手は「抜群のスタートですんなり先手が取れて、最後もほとんど追っていませんでしたからね。センスも将来性も高いと思います」と今後の飛躍を楽しみにしていた。引き続き福永が騎乗する。

via:デイリースポーツ

 

昨年同じフランケル産駒のソウルスターリングがデビュー2戦目で優勝した舞台です。早々にG1・2勝を挙げた初年度産駒のソウルスターリングに続けと言わんばかりに出走レースをなぞってきましたが、まだまだ底は見せていないタニノフランケルにとってもここは通過点に過ぎないかもしれませんね。

 

ここを突破すれば間違いなくクラシック候補!530kg近い大型馬だけに叩いて更に良い走りが期待できそうで、メンバーレベルが上がる次走も楽しみです。会員の皆様も応援しましょうね(*^^*)

 

以上、超良血馬・タニノフランケルのニュースでした!

その他の長谷川記事はコチラです♬ ぜひ、合わせてお読み下さい🙇

9月21日 オールカマー!人気馬は全て死角あり??

→新聞では当たり前のように印が付いている馬達に死角があります!

9月13日 夏バテか!?ドバイ女王がデブ化?

→女王がデブって何!?(笑)休み明け初戦は絞ってくるかなぁ?

 

創業37年を誇る競馬予想は他では絶対に真似できない実績があります!

詳しくは▼をクリックして下さい。夢一杯の予想が詰まっているのですから。